• 东方果博网址

    シーサンバンナ茶園

    シーサンバンナ茶園

    中國、雲南省シーサンバンナ

    産業用

    この雲南省シーサンバンナの茶畑の51MWプロジェクトでは、茶の木の上にトリナ?ソーラー製両面ガラスモジュールが設置されています。これによる木の成長に対する影響はなく、空間が立體的に効率よく活用されています。このようにして、土地と太陽光エネルギーの活用が大幅に向上し、農業と太陽光発電の共存が推進されています。太陽光発電を取り入れたこの茶園は、中國における數多くの農業-太陽光発電連攜プロジェクトの中で最初のプロジェクトです。このプロジェクトは、197,800枚のトリナ?ソーラー製DUOMAX両面ガラスモジュールを使用し、2015年に運用が開始されました。これにより、年間80,000トンのCO2排出削減が可能になります。年間の発電容量は80,000kWhと見積もられています。営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)は、土地活用の新しい包括的なアプローチであり、伝統的な農業とクリーンエネルギーの密接な融合の産物です。このプロジェクトは、土地の性質を変更することなく、環境保護に有効であるだけでなく、クリーンな電力の創出、再生可能エネルギーの比率向上ならびにすべての利害関係者の相互利益を可能としています。

    东方果博网址